サクラメンタリスト

サクラメントキングスを日々観察し、その動きを伝える人。夢のNBAチャンピオンを目指し、チームとともに夢を追い続ける人。

ナイジェルヘイズと契約

キングスは23歳のフォワードのナイジェルヘイズとの契約を発表しましたね。

 

サイズは6-8、今季はGリーグのウェスチェスターニックスとラプターズ905で43試合に出場、平均15.0得点、FG44.2%、3P42.3%、FT72.2%、6.0リバウンド、2.1アシスト、平均34分プレーしました。

またレイカーズラプターズでもプレーして、トータル9得点、2アシストという結果でした。

 

ウィスコンシンのスター

ウィスコンシン大学の元スター選手で、大学時代の通算1857得点は、大学の歴代3位の成績だそうです。

大学1年の時に、ビッグ10のシックスマンオブザイヤー、大学3年の時にはビッグ10のファーストチームにも選ばれています。

大学時代には1年から3年にかけて、113試合休むことなく連続で出場したそうです。

大学では、アーリーエントリーせず4年間プレーしましたが、去年のドラフトでは指名されませんでした。なので、今季は大半をGリーグで過ごしました。

 

◎なぜこの時期に契約?

残り6試合しかないこの時期に、何で契約したのか疑問に思う方も多いでしょうけど、トレードデッドラインでジョージョンソンとかバイアウトしてキャップに余裕ができたので、キングス最大の弱点となるポジションのウイングで、試してみたかったんでしょうね。

イェーガーは、あんまり彼のプレーを見たことがないそうですが、スモールフォワードパワーフォワードでプレーさせるようです。

 

ウイング不足のキングスにとって、来季を見据えての補強だと思いますが、残り6試合でどれだけ出番があるかもわかりませんが、周囲を驚かせるような活躍を見せてもらいたいですね。