サクラメンタリスト

サクラメントキングスを日々観察し、その動きを伝える人。夢のNBAチャンピオンを目指し、チームとともに夢を追い続ける人。

選手短評 ブルズ戦

昨日のブルズ戦、選手個々の短評です。

(バスケ素人の私の主観的な評価ですので、ご容赦ください。)

採点は10点満点

***************************************

◎スタメン

ザックランドルフ 6.5

29分 11PTS FG5/13 3PT0/3 REB9

シュートは今ひとつ入りませんでしたが、ディフェンス面では割と貢献していました。

チームが絶不調だった1Qで4リバウンド、2Qではザックラビンやフェリシオのレイアップを立て続けにブロックしたりと頑張っていました。リバウンド9はチーム1でした。 

 

ジャスティンジャクソン 6

23分 11PTS FG4/7 3PT0/3 

なかなか得点が入らなかった1Qでチーム最初のシュートを決めたのは彼でした。彼はオフボールの動きがよかったですね。3Pが入り出すと、さらに良いんですが、この試合は一つも決まりませんでした。試合立ち上がりの最初の3Pなんか、うまくオープンになって打てたんですけどね。パス回しでもいいつなぎ役になっています。

 

ウイリーコーリースタイン 6

17分 7PTS FG3/7 3P0/0 REB 6

序盤からファウルトラブルに見舞われましたね。1Qで2つ、2Qで2つと、前半だけで4つ。そのため、プレー時間も制限されました。シュートも決まらず苦戦しました。4Q終盤の5分間で4PTS、3REB、1ASTと、最後は頑張りました。

 

デアーロンフォックス 4.5

17分 5PTS FG2/7 3P0/1 AST2

この試合、1Qから出来は良くなかったですね。1QはFG0/3、トラベリングにパスミスとターンオーバーも2つと散々。3Qに、ボギーからのアリウープパスからレイアップを決めましたが、その際に左足首を捻挫して交代。試合には戻ってきませんでした。

 

ボグダンボグダノビッチ 8.5

31分 15PTS FG3/9 3P3/7 FT6/6 AST4 STL2

この試合のMOM(MAN OF THE MATCH)でしょう。何と言っても、試合時間残り52秒で決めたフェイダウエイ気味の3ポイント。あれはしびれました。ショットクロックもギリギリでしたし。

チーム最長の31分間プレー。ロペスのテクニカルファウルでもらったフリースローもきっちり決めるなどフリースローは8本全部成功。彼の活躍がチームを勝利に導きました。

 

***************************************

◎ベンチ

 

ヤカールサンプソン 8

18分 9pts FG4/5 3P1/1 REB6 

この試合の影の立役者です。チームに活力を与えました。

1Q9-28と瀕死の状態だったチームを蘇らせたのは、サンプソンのハッスルプレーによるところも大きかったと思います。2WAY契約なので、またリノに戻らないといけませんが、イエーガーが試合後に「リノに行くのは中止だ」とジョークを飛ばすほど、印象を残しました。第3クオーターの終わりには同点となる3Pを決めるなど、FG4/5と高い成功率を記録、リバウンドも頑張りました。彼と正式契約するには、誰かをクビにしないといけませんが、正式に契約してもいいのではないかと思わせるくらい、いい働きをしますね。何より気迫ですよ。このチームに足りない情熱と気迫を持っています。

 

コスタクーフォス 6

17分 5PTS FG2/3 3P0/0 REB6

あんまり目立ちませんでしたが、リバウンドの数はチーム2位タイの6個とやるべきことはやっていたのではないでしょうか。もうちょっとフリースローの精度(FT1/3)を高めてほしいですね。

 

ジョージヒル 7

26分 14PTS FG4/9 3P2/4 FT4/5 

ヒルはさすがベテランといった感じでいい働きをしました。2Q以降、チームがリズムを取り戻すことができたのはヒルのおかげでもあると思います。冷静なゲームメイキングに、確率の高い3ポイント。ベンチからの出場という難しい役回りもしっかりとこなしてくれています。感謝です。3Q残り6:41の同点の3Pはさすがでしたし、3Q残り4:03での逆転のプットバンクダンクはかっこよかった。

トレードの噂はまだありますが、彼は絶対残しておくべきです。

 

ヴィンスカーター 5

16分 4PTS FG2/5 3P0/2 FT2/2

そんなに活躍はしませんでしたが、4Q残り8:39に決めたフェイダウエイジャンパーは芸術的。40過ぎても技術は衰えませんね。美しかったです。

カーターのフェイダウエイはお金出して見に行く価値はあります。

 

ギャレットテンプル 7

27分 12PTS FG4/9 3P2/4 FT2/2

テンプルは12得点中9点を2Qに挙げ、追い上げに貢献しました。+/−10とボギーと並んでチームトップタイでした。ショットにも安定感がありました。

 

バディヒールド 7

21分 11PTS FG4/10 3P3/7 FT0/0

4Q5:46での逆転の3P、4Q残り1:33での勝ち越しの3Pと要所で3Pを決めました。勝負強くなってきましたね。クラッチシュートを任せるまでにはいきませんけど。

相変わらずリムに突っ込んで行かないので、FTはゼロですけど。ハンドリングスキルの自信がないんですかね?でも今度、オールスターウイークエンドのスキルズチャレンジ出るんでしょ。(ドノバンミッチェルの代役ですが)頑張ってほしいですね。

ディフェンス面は一つブロックショットがありましたが、バレンタインについていけてなかったところもありましたね。でも攻撃面で勝利に貢献したということで評価は7点つけさせてもらいました。

 

パパヤニス 出場なし(コーチの判断)

怪我人続出で、ベテランもフル稼働している中で、若手のパパやんに出場機会が回ってこないのは、ヤバくないですか?

ここ3試合で出場時間はわずか1分。イエーガーの信頼は全く得ていないんでしょうね。