サクラメンタリスト

サクラメントキングスを日々観察し、その動きを伝える人。夢のNBAチャンピオンを目指し、チームとともに夢を追い続ける人。

王者に食らいつく ウオーリアーズ戦

Kings(16-35)104-119Warriors(41-11)

 

15点差の敗戦。しかし点差ほどの差はなかったと思います(と信じたい)

第1クオーター開始6分で20-7と大きくリード。

あっさり追いつかれて引き離されても、あきらめずに食らいついていく。

第3クオーター残り5分23秒で14点差つけられても、第4クオーター残り7分55秒にはヒールドのレイアップで88-89の1点差に。その後はKDの大活躍で引き離されましたが、以前のキングスなら早々とブローアウトされていたはずです。

しかし、何度もくらいつき、48分のうち40分間は王者相手に接戦を演じることができました。力がついてきた証拠です。

(その最後の8分には埋めがたい差があるのですが)

 

◎ジャクソンが成長中

ジャスティンジャクソンは、FG7/13の17pts。4試合連続のスタメンで結果も出し続けています。ここ5試合のFGは58.3%と攻撃面でも徐々にNBAのレベルに対応し、持ち味を発揮し始めてきました。

今日でスタメンは10試合目でしたが、シーズンハイの34分間もプレーしました。ここ3試合のうち、30分以上もプレーするのは2回目で、イエーガーの信頼も得ています。

今季は新人ながら開幕スタメンに抜擢、しかしその後、ローテーションからはずれ、Gリーグ行き。サイズ不足で、飛びぬけた特徴もなく、オフェンス、ディフェンス両面でアピールできない日が続きました。

イエーガーの若手主体の起用に切り替えてからはプレータイムもふえ、飛びぬけた特徴もない反面、器用にこなせるマルチな面も活きてきました。名門ノースカロライナ大のエースとしてNCAAで優勝するという「勝てる運」も持っています。バスケIQも高く、もともと外角シュートもフローターもうまいだけに、NBAのレベルに慣れ、自信をつけ、今後のさらなる活躍が期待されます。フォックスとともに、ロード6連戦の中で伸びてきた選手ですね。今日はKDにやられましたが、あれは誰でもやられます。仕方ないです。ヘルプもらって2人ががりでディフェンスしないと無理です。ジャクソンにとってはいい勉強になったことでしょう。

 

◎ホームで久々の勝利を

とはいえ、これでホーム4連敗。今季はホームで7勝15敗と成績が振るいません。ロードは9勝20敗と、ロードのほうが勝ち星は多くなっています。

明日はダラスをホームに迎えます。ダラスは現在5連敗中と元気なし。ただ相手は中2日に対し、うちは連戦です。そのあたりのコンディションの差が試合終盤に出てくるか心配ですが、頑張って1月6日以来およそ1か月ぶりにホームで勝ちましょう。サクラメントのファンのみなさんに勝利をプレゼントしてください。

フォックスとデニススミスJrのルーキーポイントガード対決も楽しみですね。