サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

キングスのお寒いオフェンス

得点に苦しみ、ペイント内で相手に圧倒された夜だった。

 

土曜日の夜、ペプシセンターで、キングスはデンバーに96-79で敗れ、1勝2敗となった。

ナゲットはプレーオフ進出が期待されるチームで、ユタでの試合で敗れた後、中2日でキングスをホームに迎えた。キングスは土曜日、ダラスでシーズン初勝利を挙げたが、今日はナゲッツに屈した。

 

De'Aaron Foxがベンチから出場し、36.5%のチームFG%の中で、18ポイントを記録した。ポール・ミルサップとケネス・ファリエがそれぞれ18得点した。

 

1.キングスが得点するのは簡単ではない


KingsのベストポストプレーヤーはZach Randolphです。そのほか誰かいますか?

Skal Labissiereも有望である。キングスには、1人または2人の選手に頼る以外、攻撃のオプションがなさすぎる。

これは、ハーフコートのオフェンスが苦しい1つの理由であり、サクラメントデンバー戦のような試合で厳しい試合を繰り広げるだろう。なぜなら、キングスは、試合がスローテンポになったときに、コントロールできるがスコアラーが不足しているからだ。

Foxはドリブルから活路を見出そうとしたが、NBAではそう簡単にはいかない。

 

2.ディフェンスは毎晩勝つことができない


キングズのディフェンスはそんなに悪くない。頑張ってはいるものの、このチームは毎晩勝つためにディフェンスに頼り、ゲームをコンスタントに支配していく力はない。

それを理解するにはしばらく時間がかかるが、ゲームをうまく終わらせるための苦労もある。キングズは、ディフェンスの圧力をかけるために、どのようにスコアを上げるべきかを理解しなければならない。

 

3.あなたが速くプレーしたい場合は、リバウンドを取らないといけない


キングスは、リバウンドの数で58-39とデンバーに圧倒された。それはナゲッツのために18もオフェンスリバウンドを許してしまった。キングスにとって、ハーフコートオフェンスは得意ではないのぇ、アップテンポにプレイして得点していかないといけない。

しっかりリバウンドを取って、フォックスとジョーヒルがペースを進めることで、得点を稼ぎたい。

 

それにしても、ヒールドは何をやっとんじゃい。