サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

今季のNBA新人王は誰か?

(サクビー記者のジェイソンジョーンズさんの記事の意訳)

昨シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票は、私が2009年に新人王の投票権を持って以来一番難しかった。

 

最も衝撃的な候補者、ジョエル・エンビード(Joel Embiid)は、シーズンの半分もプレーしなかった。

結局、ミルウォーキープレーオフ進出に重要な役割を果たしたマルコム・ブログドンに入れた。

オール・ルーキー・チームの投票はさらに難しかった。いわば候補者不足だった。

 

来年の春の投票は、そんなに難しくないと思う。

このルーキークラスは近年稀に見る層の厚さなので、今年のルーキーの候補者は不足していない。

少なくとも3つのチーム(フィラデルフィア、ロサンゼルスレイカーズ、キングス)は、ある時点で新人王に値しそうな選手を2人以上持っている。

 

シーズンの終わりまでに私の投票用紙がどのように推測されるのでしょうか、私の今のお気に入りはここにあります:

 

1.ベン・シモンズ、フィラデルフィア:2016年のドラフト1位だが、昨シーズン怪我で全休。パワーフォワードの体格のポイントガード、シモンズは彼のスキルを生かす若い才能に囲まれている。

 

2. ロンゾボールL.A. Lakers:2017年のクラスで最も才能のあるパサーは、レイカーズの攻撃で活性化するはず。彼はアシストでルーキーをリードするのが好き。

 

3.デニス・スミス、ダラス:ハイライトなアスリート。ハイライトが起こるのを待っている。弱いチームでプレーすることで、得点の高いチャンスが得られるので、常に投票に役立つ。

 

4.ジョシュ・ジャクソン、フェニックス:サンズのアップスタイルとダウンスタイルは、彼に大きな数字を出す機会を与えるでしょう。

 

5.デアロン・フォックス、キングス:ジョージ・ヒルのようなベテランとプレーことは、フォックスのプレー時間を短縮するかもしれないが、それでもフォックスは輝きを見せるだろう。

 

6. マケーレフルツ、Philadelphia:6月のドラフトの一位選手は、昨シーズン、大学で最も才能のあるスコアラーだった。彼は若い才能を積み重ねているフィラデルフィアの中で自分の場所を見つけなければならないだろう。

 

7. カイルクズマ、L.A. Lakers:サマーリーグ以来、このフォワードはドラフトの隠れた逸材、掘り出し物のように見えた。ドラフト27位選手は、コートのどこからでも攻撃するのを恐れない。

 

8.ジェイソン・テイタム、ボストン:ロード・プレーオフ・チームに上陸した大物の才能。それは彼のチャンスを勝ち取るチャンスを制限するかもしれないが、一部の投票者は勝者に貢献して彼に報いるだろう。

 

9.マリック・モンク、シャーロット:ホーネッツは攻撃力を必要とし、得点力はモンクが最もよくするものです。彼がその役割を果たし、シャーロットがプレーオフに返り咲くのを手助けするならば、彼は確かに多くの称賛を受けるだろう。

 

10. ボクダンボグダノビッチ、Kings:ヨーロッパからの多くのプロ生活の経験を持つ初年度の選手であるという利点がある。NBAのスタイルに合わせることができれば、サクラメントの大きな要素になる可能性がある。

 

11.ドノバン・ミッチェル、ジャズ:ダンテ・エクアムの負傷により、ミッチェルはさらに才能のあるスコアラーとディフェンダーとして登場する可能性が高まる。