サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

プレーシーズン最終戦GS戦

サクラメントキングズは金曜日の夜、ハイウェイ80号線を下り、NBAチャンピオンのゴールデンステート・ウォリアーズと、最後のプレシーズンマッチを行った。

3人のローテーションガードを欠くキングスは極めて厳しい戦いとなり、117-106で敗れた。サクラメントはプレシーズン1勝5敗で終えた。

 

1-デビッド・ストックトンの活躍

Warriorsは、スピーディーなポイントガードが誰の周りを走っていたのか把握できなかった。それはFrank Masonではなく、NBAの伝説のJohn Stocktonの息子、David Stocktonだった。ストックトンは、ベンチから出場し、28分で、12分の9のシュートと8アシストで23得点を記録した。

 

2-競争にようこそマラカイリチャードソン

シラキュース大出身の2年目のウイングはサクラメントでは忘れられた男だった。ウォーリアーズに対して、彼は自信を持って出て、コートのいたるところからシュートを打った。リチャードソンは、シュート13分の6で15得点を挙げて、クレイ・トンプソンに対するいくつかのディフェンス力を示した。

 

3 - パパヤニスも何とか開幕に間に合ったか?

彼は前半は3ポインターで終わったが、最終的には23分の出場で、13ポイント、7リバウンドを記録した。彼は、シーズンが近づくにつれて改善の兆候を見せている。

 

4-積極的なラビシエリは良いラビシエリです。

ランドルフの代わりに2年目の大物がオープニングチップから好調に見えた。これがレギュラーシーズンに現れるラビシエリなら、Kingsはかなり興味深い夜を過ごすだろう。

ラビシエールは、9ポイント、8リバウンド、4アシストを記録した。

 

5 - フランク・メイソンはあきらめない

シーズンまでわずか数日だが、メーソンはローテーションに入るための戦いを続けている。

故障がちなジョージ・ヒルのポジションで、メイソンは彼がゲームに入る準備ができていることを証明した。サクラメントはドラフトシーズンにメイソンがあまり良くないと思っていたが、今は違う。