サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

ディバッツとイェーガーが契約を延長

2017-18 NBAシーズンに向けて、サクラメントキングズは、イェーガーHCの4年目のオプションを行使し、ゼネラルマネージャーのディバッツとの契約も延長し、基本的に2019-2020シーズンまで、今のフロント体制を維持することにした。

今日の発表はおそらく不可避でした。

ディバッツはKingsのゼネラルマネジャーとしての完全な在職期間を持っていませんが、彼は徐々にチームをいい方向に改善しており、長期的なスパンで、十分な努力をしている。

また、カズンズとのトレードを決定し、本質的にやり直すという昨シーズンの決定以来、このチームを築くチャンスがある。

 

ディバッツがイェーガーを連れてきたことはキングスにとって良かったといえるのではないか。リック・アデルマン以来最高のヘッドコーチになるかもしれない。

彼の4年目の選択肢を考えるのは簡単なことではなかった。

他に何もないなら、これはキングスに組織の安定性を前進させる。 GMとヘッドコーチの両方が契約を結び、このチームの運命を手にしている。