サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

マットジョーンズと契約

キングスはロスターに新たな選手を加えました。
元デュークのガード、マットジョーンズです。

過去4年間、ジョーンズはダーラムにある強力なバスケットボールチームのメンバーでした。

大学時代には、143試合で平均6.4得点、2.2リバウンド、1.4アシストを記録しました。
ジョーンズはスター選手ではありませんでしたが、より多くの経験を積むことで、
Mike Krzyzewskiヘッドコーチの下、レギュラーローテーションの一員となりました。
キングスが元ブルーデビルズの選手とサインした理由はまったくわかりません。
チームはすでに15名の選手を保持しており、サンプソンとジャッククーリーには2ウエイ契約をしています。

私の意見では、ジョーンズとの契約には2つの理由があります。
1つは、キングスはまもなくキャンプに入りますが、ジョーンズを予備の追加選手として使おうとしていることです。
彼は6'5 "に6'8"のウイングスパンを持ち、長いフレームに対抗しながらキングスの2番と3番に良いチャレンジを与えるはずです。

第2に、キングスはジョーンズをGリーグのリノ・ビッグホーンズの一員として、今年をスタートさせるかもしれません。
そして、もしキングスとの出場が可能であれば、両方にとっていいことです。

全体的に、ジョーンズにサインしたことはキングスにとって大きな動きではありません。
リスクはほとんどなく、最終的にモノになれば儲けものです。いわゆるローリスク、ハイリターンの可能性もあります。

ブルー・デビルズの時代、ジョーンズは大学時代、チームの攻撃的な戦力になるために彼のサイズと長さを使いました。
うまくいけば、6'5 "ガードは、今シーズン、キングスやビッグホーンズで、今季も同じ特徴を見せてくれるだろう。