サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

ウォレスはランドルフを擁護

ザック・ランドルフマリファナを逮捕したことを受けて、元ポートランド・トレイル・ブレイザーズのチームメイトのラシード・ウォレスが火曜日に公然と立ち上がった。

ウォレスは、ランドルフのTMZスポーツとのインタビューで、「私は事実を知っているが、麻薬のディーラーではない」と述べた。

ランドルフは、2ポンドのマリファナを売却する意向で所持している、としてロサンゼルスで逮捕された。

ランドルフは2万ドルの保釈金を出し、現在、更なる訴訟手続きを待っている。

ウォレスはZ-BOに顔を上げるよう呼びかけたが、有罪判決を受けた場合、NBAの訓練を受ける可能性があると示唆した。

 

ウォレスとランドルフは、2001年から02年にかけてポートランドのフロントコートのパートナーであり、ウォレスはアトランタ・ホークスに、その後デトロイト・ピストンズにトレードされた。

36歳のランドルフは、メンフィス・グリズリーズと過去8シーズンを過ごした。彼は2度オールスターに出場し、フランチャイズの歴史の中で最も愛され成功したプレーヤーの一人に成長した。

サクラメントキングスと2年間の契約を結んだ後、彼は今シーズンのキャリアで新たな章を開始する予定である。