サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

ユーロバスケットに臨むパパヤニス

コート上での経験は、選手の成長の最も貴重な要素になります。

 

キングズのパパヤニスは今後開かれる2017ヨーロッパ選手権の経験を、彼の履歴書を追加しようとしています。

 

ギリシャ出身のパパヤニスは、2年ごとに、ヨーロッパ各地で最高の才能を披露する大会、ヨーロッパ選手権で母国のためにプレーする予定です。

パパヤニスは、2012年にジュニア・ナショナル・チームでFIBA主催の国際大会の経験はありますが、20歳でギリシャのシニア代表チームとしてのデビューということになります。

 

欧州選手権は選手にとって素晴らしいものです」とパパヤニスメディアに語りました。

「金メダルを獲得できると信じており、大きなモチベーションになるだろう」

 

ギリシャは、2005年にセルビアモンテネグロで開催された欧州選手権で金メダルを獲得しました。しかし、2009年の大会以来、ギリシャチームはメダルを獲得していません。

 

この夏、キングスにはボグダン・ボグダノビッチが加わり、パパヤニスは彼と友好的にトラッシュトークしました。

サマーリーグにいるときに彼と話し、私は彼に言った。

「あなたたちを打ち負かすつもりだ」と。

 「来季にはチームメイトになるだろうが、私は自分の国のためにやりたいので、彼に勝つことを望んでいる」

 

欧州選手権トーナメントは8月31日に始まる予定で、9月17日に決勝が行われます。

 

パパヤニスは、国際レベルでのハイレベルな競争の第一歩を踏まえて、サクラメントの2017-18シーズンで、継続的な改善を目指す予定です。