サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

ジャスティンジャクソンはやる

ジャスティン・ジャクソンは、即座にインパクトを与え、適切なスキルを持っている。

ESPNインサイダーの記事のドラフト・エクスプレスを元にしたESPNのマイク・シュミッツの記事です。


シュミッツの記事では、ジャクソンがキングスのスタイルにフィットしていることを強調し、彼がスターターでなくてもすぐにプレーする可能性が高い。

彼のNCAAチャンピオンの経験を考えれば、ジャクソンはマラカイ・リチャードソンよりもスモールフォワードで貢献する準備ができていると考えている。

 

ジャクソンはデアーロン・フォックスのようなボール支配的なポイントガードの隣で、優れたフィット感を持っています。

無理にシュートを打つ必要はないからです。

彼はトランジション時にレーンを走り、適切なシューティングスポットを探し、相手ディフェンダーの動きを読むのに優れています。

 

ボグダノビッチとバディヒールドの2人のガードがいて、ジャクソンの成長に肯定的な影響を与えるであろうリチャードソンとヴィンス・カーターといったスモールフォワードがいるが、ジャクソンはロスターの中で唯一のウイングです。


私たちがこれを早く過度に興奮させたくないのは確かですが、ジャクソンのスキルを見て、キングスのファンと同じように、彼の能力を高く評価する専門家を見ると、うれしいです。

 

サマーリーグのパフォーマンスと合わせて、ジャクソンに興奮する理由がたくさんあります。

 

ジャクソンはやってくれるでしょう。