サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

カズンズはキングスとの対戦が楽しみ

ニューオリンズペリカンズのカズンズは、来たるべき新シーズンに、サクラメントキングスと対戦することを今からワクワクしている。

カズンズは、南アフリカヨハネスブルグで開催されたNBAのバスケットボール・ボーダー・ボーダーズ(Basketball Without Borders)キャンプで語った。

 

「私は待つことができない。 "ああ、私の神、私は待つことができません。私はそれが最初のゲームであることを祈っています。待ってられない。"

 

キングスで6シーズンもプレーしたカズンズは今年2月、オールスターウイークエンドに、オムリ・カスピとともにニューオーリンズペリカンにトレードされた。

 

驚くべきトレードの前に、26歳のオールスターセンターは、キングスと長期契約にサインし、キングスでキャリアを終えることを望んでいだ。

ペリカンズがキャピタルシティー(サクラメントはカリフォルニアの州都なのでキャピタルシティと呼ばれる)を訪れた時、スターセンターは感傷的な夜になるだろう。

 

カズンズはサクラメント地域の高校に寄付し、無料のバスケットボール・キャンプも開いたこともある。カズンズはニューオリンズにトレードされているにもかかわらず、この夏、キャンプを続けるために再びサクラメントに戻った。

"私にとって、ニューオリンズではコミュニティがまだ欠けている。私は人々が恋しい。私はファンが恋しい。そうです」とカズンズは語った。

 

カズンズは、キングス時代、リーグ有数のセンタープレーヤーに成長した。

彼がトレードされた時、キングスはウェスタンカンファレンスのプレーオフレースでは第8シードのブレイザーズに0.5ゲーム差だった。

カズンズがトレードされた後は、8勝17敗でシーズンを終え、プレイオフに残ったブレイザーズからは9ゲームも離された。

 

今季のNBAのスケジュールは、今後数週間以内に発表される。