サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

新GM補佐のウィリアムズ氏とは

サクラメントのスコット・ペリー時代は終わったが、キングスのフランチャイズの歴史に足跡を残した。ドラフトでトップクラスの才能の選手を獲得し、フリーエージェントでGeorge Hill、Zach Randolph、Vince Carterといったハイクラスのベテランを獲得する役割を果たした。

 ペリーは3ヶ月後にニューヨークに移ったため、Vlade Divacと彼のグループは、Perryによって残された巨大な穴を埋めるために多彩な幹部を求めた。

 

日曜日の午後、空席となっていた新しいアシスタントゼネラルマネージャーとして発表されたのは、ブランドンウィリアムズだった。

「私たちは、Brandonがフロントオフィスチームに加わることに非常に興奮している」と同社の公式プレスリリースのDivac氏は語った。

彼は経験豊富で実力のあるバスケットボールのエグゼクティブです。彼の法的能力と組み合わせた選手の発掘と育成、バスケットボールの業務に関する知識は、キングスにとって強力なものになるだろう。

 

彼は選手としてはパッとしなかった。ウィリアムズは3つの異なるチームで、3シーズンでわずか18試合しかプレーしなかった。彼はマイナーリーグとヨーロッパでも過ごした。

ウィリアムズは月曜日、NBCスポーツに電話で語った。「私は非常に遊牧的なキャリアを持っていた。 私はかつてアルコアリーナを訪問したときのことと、Sacramentoファンの体験を覚えています」

 

サクラメントでの彼の役割については、ウィリアムズはキングスのフロントオフィスで欠けているギャップを埋めようとしている。

彼はDivac、Ken Catanella、Peja Stojakovic、Mike Bratz、Luke Bornnと一緒に働く。

ウィリアムズは、「ディバッツとパートナーシップを築くために働いている。 彼のリーダーシップには本当に興奮している」と語った。

彼は4年前、シクザーズで働く前に、NBAの役員としてリーグオフィスで働いていた。彼は2005年から07年までNBA Player Developmentディレクターを務め、2007年から13年にかけてNBAのバスケットボール・オペレーション担当副社長を務めた。

 

ウィリアムズは、ラトガース大学の法学士を兼任している。彼はNBAのスカウティング、ビジネス、契約面をよく理解している。

ウィリアムズ氏は、「すべての人員で、日常のバスケットボールのすべての作業が重要だと思う。右か左かにかかわらず、私は彼の手になるだろう。ディバッツとキングスの下で。」

若い選手からベテランが集まった、ディバッツが組み立てた多様なチームから、新しいGolden 1センターまで、ウィリアムズはサクラメントの仕事ではすごく興奮していると言った。

 

ウィリアムズは、キングスの若いコアの相談に乗り、選手たちと信頼関係を築くことを目指している。

ウィリアムズは選手としての自分の時間について語った。

「私はドラフトされず、私は複数年の契約を結んでいなかった。 しかし、何らかのキャリアを得るために生き残るために、何か持っていなければならないという考えを身につけ、毎日、必死だった」

ディバッツのように、ウィリアムズは、キングスの再建には忍耐が必要であるという知識を持っている。

NBAの経験が2年以下の選手が10人もいるキングスにとって、再建の道のりはスプリントではなくマラソンだ。

ウィリアムズ氏は、「短期的なものではなく、長期的なものを見ている」と語った。

"我々は素晴らしいことをすることができるようにしたい。頂点への近道はない。私たちが良いチームになりたいだけでなく、長い間良いチームになるために、時間をかけて再建する」

 

ペリーが出ていったことで、キングズはフロントオフィスにあらゆる種類のトレードを必要としていた。チームの周りには、ウィリアムズがディバッツとフロントオフィスの残りの部分が、フランチャイズが根底から基礎を築くように見えるようにサポートするという希望がある。

ウィリアムズはサクラメントへの引越し中であり、まもなく町に常駐したいと考えている。トレーニングキャンプが始まるまでにはまだ1ヶ月以上あるため、Kingsには最新のフロントオフィスメンバーを統合するのに十分な時間がある。