サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

キングスの来季の背番号決定!

キングズは新しいメンバーのために、新しいジャージーの背番号を明らかにした。

そして、現在のロースターの中にもいくつかの変更がある。

 

ベテランのジョージ・ヒル(#3)、

ザック・ランドルフ(#50)、

ヴィンス・カーター(#15)は、

今まで彼らが着用した番号をキープしている。

 

キングスの歴史の中で最も有名なのは、シェアー・アブドゥル・ラヒム、マフムード・アブドゥル・ラウフ、カッティーノ・モーブリー、ヴァーノン・マクスウェルのような熟練者たち。スカルラビシエリは昨シーズン3番だったが、7番に変更。昨季はコリソンが着用していた番号だ。その前はジマーフレデッテが着用した。

 

ランドルフ2005年のエディハウス以来、キングスでは誰も着用しなかった、彼のおなじみの50を着用する。その前は、ラルフサンプソンが着ていたが、1991年以来着用されていなかった。

 

誰かマーカスカズンズの後に15番を着用するか注目だったが、ビンスカーターになった。もともとこれはフランクメイソンの新しい番号になる予定だったが、代わりにメイソンは10番を着用する。

マラカイ・リチャードソンも23番に変更した。

 

最後に、ボグダンボグダノビッチが8番を選んだ。BB-8のニックネームを使うためには素敵な機会である。彼がその理由のために意図的にそれを選んだのなら、なおさら良い。