サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

アービングよりフォックスでしょう

キングズは、彼らの長期的な未来を優先させるため、クリーブランドキャバリアーズポイントガード、カーリーアービングを獲得することを断るだろう。

 

アミコ・フープスのサム・アミコ氏は、日曜日、キングスはデアーロン・フォックスとコスタ・クーフォスをアーヴィングを得るためのトレードの一環として提供する用意があると報じた。

しかし、NBCスポーツ・カリフォルニアのジェームズ・ハムは、サクラメントがフォックスを守ることを約束していると報じた。

ESPN.comのBrian Windhorstは、アービングレブロンジェームスの影から逃れ、彼がもっと中心になる可能性がある状況でプレーするために、クリーブランドから出たいと最初に報じた。

その結果、NBAのトレード市場で、4度のオールスター出場したアービングが最も魅力的なタレントとしてあがっている。

 

アーヴィングはキングスのポイントガードで大幅な進化を遂げるだろうが、このトレードはサクラメントにとってはほとんど意味がない。

アーヴィングは、彼がオプトアウトする前に、現在の契約に2年以上保証された年を残している。

キングスは2005-06年以降プレーオフに進出していないが、アーヴィングがサクラメントと新たな契約を結んでいるときにサクラメントと再契約したいと考えることは難しい。

2年間しかチームに所属しない可能性があるアーヴィングを加えることで、プレーオフ戦線に近づくことは可能だろう。おそらく西カンファレンスの下位シードの一つとして、ポストシーズンに突入し、ほぼ確実に第1又は第2ラウンドくらいは行くかもしれない。

 

ただサクラメントにとって、長期的に見ると、フォックスを持つことの方が、短期的な利益を上回るだろう。