サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

パパヤニスは辛抱強く見守ろう

迷信によると、13番は不運な番号だという。

 

キングスのセンターのパパヤニスがその数の負担を負っていると言えるでしょう。

ジャージーの数字だけでなく、2016年のNBAドラフトで彼が指名された順位でもある。

センターには、オールスターセンターのカズンズがいて、クーフォスやコーリースタインもいる。その同じポジションで、しかもコーリースタインより一歳下のギリシャ人を指名したことは、多くの人を困惑させた。

 

いくつかのスカウトは、ロッタリーピックでパパヤニスが指名されるとは思っていなかった。

パパヤニスは一巡目指名ほどの才能はないと主張する者もいた。

そのドラフト指名は、キングスの狂った指名だと、多くの人に嘲笑された。

しかし、ゼネラルマネージャーのディバッツによると、パパヤニスはオールスターセンターになれる能力を持っているという。

 

果たして1年以上経って、その疑問を晴らしてくれるような活躍を彼がしたかどうか。

パパヤニスは、サマーリーグ6試合で平均5.7得点、7.3リバウンドを記録し、金曜日の最終戦で打撲傷で途中退場した。

これらは、ドラフトで13番目に選ばれた人が期待する数字のようなものではない。

 

しかし、キングスはパパヤニスを支持している。

「まず第一に、彼は若い」。

キングスのサマーリーグコーチのジェイソン・マーチは語った。 「彼は若く、彼は日々学んでいる」と。

サマーリーグのキングスの選手たちは、パパヤニスのゴール下の頑張りによって、大きな成功を収めた。

彼は最初の3試合のうち2試合で得点していないが、水曜日には17ポイントと13リバウンドでベストスコアを出した。

パパヤニスは、バックスに69-65で勝利した後、

サマーリーグの3試合を通して、誰もが私を嫌っていたことはわかっている」と語った。 「私は気にしない。チームは私を選んだので、私は本当にやっている。みんなが言うことが間違っていることを私は証明しようとしている」

 

統計的には明らかではありませんが、キングスは明らかに進歩している。多くの外国人プレーヤーと同様に、NBAのゲームのスピードに対応するのに時間がかかる。

 

キングスはパパヤニスの成長を辛抱強く待っている。 イェーガーらコーチングスタッフは、マークガソルが、若手時代から見てきて、2013年にNBA ディフェンスプレーヤーオブザイヤー、オールスタープレーヤーに成長していくのを見てきた。

 

サマーリーグコーチのマーチは語った。

「私たちはパパヤニスと一緒に時間を取って、忍耐強く、彼は成長し続けるつもりだし、彼はますます良くなるだろう。彼は行くには長い道のりがあり、そこに行くことができます。私たちは皆それを見ると思う」

 

パパヤニスは昨年のサマーリーグで膝をケガしていて、万全ではなかった。体重もオーバーし、彼のルーキーシーズンの間、彼はダイエットしなければならなかった。

キングスのトレーニングスタッフが彼をサポートし、減量し始めた。

それはオフシーズンの間も続いた。

 

イェーガーは、「パパは素晴らしいと思う。彼の体は素晴らしいと思う。彼は多くの仕事をしたが、彼はまだ長い道のりがある」と語った。

 

「彼を判断することは、サマーリーグの主なテーマだ。誰も見た目と同じくらい良いものでも、見た目が悪いものでもない」

 

パパヤニスは昨季22試合に出場し、平均5.6得点、3.9リバウンド。プレー時間が限られていても、パパヤニスは自分の能力に自信を持ち、より多くのことができると信じている。

「シーズン終盤にプレー時間が増え始めたとき、私はスクリーンを設定し、チームが勝利を収めるために最善を尽くすことだった」とパパヤニスは語った。

 

もしかすると、パパヤニスは来季もGリーグでプレーするかもしれない。

チームにはコーリースタインとクーフォスがいて、ザックランドルフも加わった。そうなると、パパヤニスのプレー時間も少なくなる。

 

しかし、どんな条件にもかかわらず、キングズはパパヤニスの可能性を見出すことに全力で取り組んでいる。

「彼は成長し続けるだろうし、成長して、彼に教えてくれるだろう」とマーチは語った。

「そして我々はすべて一緒になっている」

 

パパヤニスの今後に期待したい。