サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

ついにボグダノビッチ合流!

白いTシャツとジーンズを着て、バックパックを背負ったボグダンボグダノビッチは、豪華なホテルのフロントデスクに立ち寄り、カウンターにクレジットカードを置き、部屋の鍵をポケットに入れた。

 

ついに彼は来ました。

 

サンズが彼をドラフト指名して3年、

その交渉権がキングスにトレードされてから1年、

フェネルバフチェユーロリーグチャンピオンシップに導いた数日後、セルビア人のガードは深呼吸をして、キングスのゼネラルマネージャー、 ディバッツによいニュースを与えた。

 

「私は準備ができていると思う。私は自信がいっぱいだ」とボグダノビッチは水曜日の午後に地元紙のサクラメントビーに語った。

 

「しかし、アメリカ行きは非常に難しい決断だった。まず、精神的に、海外に行って新しい人生を始める準備ができている必要がある。

私が欧州でチャンピオンシップを獲得した後に、ほぼ100%大丈夫だと感じた。

私は一年前に欧州で優勝する目標を達成できなかったので、もう一年そこにとどまった。

その後、優勝したので、(NBA挑戦の)機は熟した」。

ボグダノビッチは非常に古い魂を持つ王のように語った。

 

彼はフォックスのスピードのファンであり、ヒールドのジャンパー、ジャスティンジャクソン、スカルラビシエリといった、すべての "bigs"が好きだ。

若手の躍動と、25歳以下の若手に対する好感度が、3年間で2700万ドルの契約を結んだ彼の決断に、一定の影響を与えた。

 

しかし、一番は、ディバッツとペジャ・ストヤココビッチの長年にわたるタグチーム、いわゆるセルビアコネクションが、ボグダノビッチの契約締結に与えた影響が大きい。

彼らは、セルビアのバスケットボール界のジョンレノンとポールマッカートニーのようだった。

 

ボグダノビッチは、「キングズは、彼らのおかげで私たちのお気に入りだった」と述べた。 「私は早起きし、父親とキングスのゲームをよく見ていた。私たち(セルビア)が2002年にインディアナポリスで世界選手権で優勝したとき、私は10歳だった。1996年のアトランタ五輪の偉大な瞬間も思い出す。

そして、私はキングスとレイカーズの激闘も覚えている。 2002年のウエスタンカンファレンス決勝の第6戦のことも覚えている。」

 

暖かく魅力的で、英語に堪能なボグダノビッチ氏は、ビデオゲームをして言語を学んだと語った。彼は自分の語彙や発音を向上させるために「World of Warcraft」と称し、遊びながら学んだ。

 

NBAコミッショナーのアダムスリバーが2014年のドラフトで、サンズが指名したと発表したとき、クロアチアスターボージャンボグダノビッチのイメージが画面に表示された。

最近、フェネルバフチェのスターがNBAに入るために、チームを去ったというニュースが流れたとき、彼は彼とBojanが同じ人であり、同じ兄弟であり、彼らが同じポジションをプレーしたと主張するソーシャルメディアのたくさんの記事を楽しんだ。

 

「それはかなり面白かったです」とボグダノビッチは言った。

「我々は両方ともそれについて笑った。我々は同じ代理人を持ち、夏に一緒にプレーする」

 

しかし、彼らは同じポジションではプレーしない。ボージャンは最近、インディアナペイサーズと契約したスモールフォワード

ボグダンはシューティングガードで、ややハイブリッドである。

彼はシューティングよりもスコアラーのほうが自慢だとしており、彼のコートの広い視野によって、チームメイトのためにチャンスを作れると信じており、ボールハンドリングのスキルもよく、リムに向かう能力も素晴らしい。

 

「私はかなり自信がある」とボグダノビッチは言った。

「しかし、私はリムで仕上げる必要があります。確かに、私はゲームのスピードに合わせていくらかの時間が必要です。それはヨーロッパでは同じではありません。 NBAの選手はより強く、よりフィジカルです。しかし、私は準備ができていると思う。」

 

ボグダノビッチは現在、入団時には10代のNBAルーキーの多くとは違い、肉体的に成熟した完成品です。

6フィート6の彼は、大きな手、6フィート11の長いウイングスパンを持っている。

ボールをスティールするのに役立つ資質です。彼の身体的能力、本能、そして激しい準備は、平均的な運動能力と足の速度を補うのに役立つ。

 

ボグダノビッチは、ゴールデン1センターのツアーを受けて、今週初めにサクラメントでヴィンス・カーター、ザック・ランドルフジョージ・ヒルと出会った。

ボグダノビッチは、9月中旬に北カリフォルニアに戻ったときに彼のキングスジャージを履き、コートに上ることを熱望している。

「私がそこにいたとき(サクラメント)、本当のエネルギーがあった」と彼は付け加えた。

「それは若い男たちがもたらすもののためだと思う。私が見て聞いているすべてのものから、私はすでに彼らが好きです。これは私のための正しい時だった」

 

ボグダノビッチの活躍がますます楽しみになってきた。