サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

キングスのPGは誰を獲るべき?

キングスがベテランのポイントガードを必要としていることは明らかだ。

ドラフトでは、De'Aaron Foxとメイソンを指名したが、ルーキーが試合をコントロールする準備ができていない場合、チームはガードに経験豊富なビッグネームを必要となるだろう。

De'Aaron Foxが期待しているよりも先発PGを任される準備ができていることが証明された場合、もう一つの課題が発生する可能性があります。

イェーガーはゲームを勝ち抜くためにコーチしているので、ポイントガードには、スターターを務めることができる選手が2人いれば、若いの成長を妨げるかもしれません。


ジョーヒル(ジャズ)
ヒルは、ベテランのリーダー、パスも出せる、ソリッド・スコアラー、ハイ・キャラクター、キングスのマネージメントに必要なすべてに当てはまる。

もし彼がユタをFAで離れるなら、元スパーズのヒルは、この3年間で3チーム目となるチームに加わることを目指している。


サクラメントとのフィット感:3ポイント成功率40%の正確さは、確かにバディ・ヒールドのシュートを補完するものであり、彼のディフェンスへの絶え間ない努力は、イェーガーのゲームプランにも貢献するだろう。

ヒルの年齢は、30歳を過ぎてポイントガードが減少し始める傾向があるため、少し気になるかもしれません。

31歳で、彼はおそらく彼の最後の大きな給料を探していて、もしキングスが興味があれば、できるだけ契約の長さを制限するように見なければならない。

ディバッツがポイントガードで人格の素晴らしいベテランの存在を望んでおり、彼がそのギャップを埋めるために少し余計に出費を増やすことはやぶさかではない、ヒルはそのくらい仕事のできる選手である。

 

ジュルーホリデー(ペリカンズ)
ジュルーホリデーは、2013年の夏にNerlens Noelのトレードバックの中心であった27歳の8年のベテランです。

Pelicansに入団して以来、ホリデーはタフなディフェンスと、ソリッドなスコアラーとしてプレーしてきた。

ホリデーの最大の弱点、そして大規模な契約に近いものを与えることを恐れている主な理由は、彼がケガがちであること。

過去4シーズンでは、2013年から2014年には34試合の出場にとどまるなど、平均51.5試合の出場に終わった。

サクラメントとのフィット感は?:ホリデーはダイナミックなスコアリングをしていて、水準以上のディフェンダーだが、ケガなくコンスタントに試合に出られるか。

 

デリックローズ(ニックス)
ローズは、複数の重大な怪我を負って以来、かつての輝きを失いつつある。

彼は過去6シーズンにかなりの出場時間を逃してしまったし、彼のキャリアを通して効率性にも苦しんだ。昨シーズンは1試合当たり18ポイントを獲得したが、彼の惨めなシュート成功率は今のNBAにはあまり適していなかった。

ミロシュテオドシッチ
ヨーロッパで最も優秀な選手の1人であるミロシュ・テオドシッチは、ヨーロッパで何年もの成功を収めてNBAに移籍することに関心があると噂されています。

彼は魔法使いのような最高のパサーの1人。彼は意欲的に得点することができ、彼のシューティングはNBAでも通用すると思うが、守備力は疑わしい。

サクラメントとのフィット:彼はボグダン・ボグダノビッチの元チームメイトで、彼はセルビア出身ということでディバッツと大きな関係があり、彼は豪華で楽しいメンバーになるだろう。

ヨーロッパのスターを取り巻く2つの最大の問題は、30歳という年齢で素早くNBAに対応できるかということ潜在的なコストです。

リスクはキングスのような再建チームにとっては大きすぎるかもしれない。

 

ダレンコリソン
サクラメントでのおなじみのダレン・コリソンは、ここ数年先発ポイントガードをしていますが、その働きぶりは十分ではない。

UCLAのスターは、キングスとの素晴らしいリズムを見つけました。

彼はいつもゲームあたり13-16ポイントの平均を持ち、彼はいつも遠距離からのシュートも脅威です。

キングスとのフィット感:ジョージ・ヒルやジェフ・ティーグのようなプレーヤーではないが、彼のコストもずっと低くなるだろう。

コリソンはコーチングスタッフ、プレイブック、そして昨年からの若手とうまくやってます。奥さんへのDVなど私生活に問題がありますが、キングスの経営陣が彼の献身的な変化に慣れていれば、彼はおそらく私たちのお気に入りの選択肢でしょう。

彼は費用対効果に優れ、交換可能なオプションです。

 

タイローソン
ローソンもそこそこやってくれましたが、彼は彼に先立って大きな法的問題を抱えています。彼の6月の裁判所の日付から更新は発表されていないが、彼が告発された違反を犯した場合、彼のNBAのキャリアは次のシーズン前に終わる可能性がある。

彼は昨シーズン平均36分の出場時間で7アシストを記録したパサー。

シューティングもまずまずだが、背が低いため、ディフェンスの際、相手のガードに面したときには、サイズ不足が問題。

パティーミルズ(スパーズ)
オーストラリア人の彼は、過去数年間トニー・パーカーの控えを務めた後、スターターとして起用してくれるチームを探しているはずです。
彼は水準以上の選手で、スパーズで成功の連続を納め、勝つために必要なことを知り、ポイントガードのポジションを務めることができます。

彼は他のいくつかの選手より少し高価になる可能性が高いし、 コリソンと同様に、ミルズは先発とベンチの間を容易に行き来することができます。もし彼が獲得できるのであれば、彼はディバッツとスコットペリーのために素晴らしいものになるでしょう。

ベスト・オプション
個人的には、キングズは有名選手の獲得から手を引くべき。キングスのフロントは、昨年の夏にアルバトロス契約を渡すことを避け、今年も同じことをするべきです。

ダレン・コリソンやパティ・ミルズのような中間層の選手は、ベンチとスタートした5人の間で自由に移行する能力があるため、ターゲットとする必要があります。

De'Aaron FoxまたはFrank Masonが開幕戦からポイントガードポジションを務める準備ができているという証拠はなく、キングスのマネジャーは、フランチャイズの将来の柔軟性を損なうことなく、若手PGのプレッシャーを取り除かなければなりません。