サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

ギャロウェイがオプトアフト

想定外の動きで、キングスのガードのギャロウェイは、契約の最後の1年を残してオプトアウトを表明した。

 

ギャロウェイは来年5百万ドルの契約を残していたが、彼自身がもっと価値があることを証明するための選択とみられる。

キングスにとっては、ギャロウェイのオプトアフトにより、ロースターとサラリーキャップに余裕ができる。

 

ギャロウェイがオプトアウトしたのは驚くべきことだが、今シーズンのキングスのバックコート陣の中で、彼にチャンスがあるとは思えず、

ギャロウェイを離れることについての動揺はほとんどない。

 

キングスのファンの中には、ベンチからの得点で彼のことを好む人もいたが、ギャロウェイはそんなには目立っていなかった。

今後の彼の活躍を願う。