サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

1位指名権はシクザーズへ

ボストン・セルティックスフィラデルフィア76ersは、NBAドラフトで1位指名権と3位指名権を交換することに原則合意しており、フィラデルフィアはフルツに1位指名することが予想されている、と各メディアが報じている。

ESPNによると、セルティックスは今年の3位指名権と来年のレイカーズ1巡目または19年のキングス1巡目指名権を獲得。

シクサーズからセルティックスへの譲渡は1位だった場合と6位以下だった場合のプロテクトがかかっており、譲渡されなかった場合は19年のキングスの1巡目指名権がシクサーズからセルティックスに譲渡される。

このトレードは月曜日に確定される。

 

フルツはワークアウトのため、土曜日フィラデルフィアを訪れ、彼がチームの練習施設に到着したときにフィラデルフィアの帽子を着用した。

彼の訪問は、ボストンとフィラデルフィアが実際にトレードを完結させることになる前にクリアする最後のハードルの1つになると予想されていた。

 

エンビードは、練習を共に行い、彼は土曜日の後、フルツとベン・シモンズとロバート・コヴィントンと並んで写真をTwitterにアップした。

 

フルツは、トレードにあまり注意を払わないようにしていると語った。

「私は神がそれを世話するようにしました」と彼は言った。 「毎朝起きて体育館に行く準備ができているが、私は実際に何事にも注意を払っていない。私は本当にこのポジションにいることを祝福している。何が起こっても、私はどこに行くにしても才能がある」

 

フィラデルフィアは1位指名権を獲得し、レイカーズは第2位、ボストンは第3位、フェニックスは4位。

 

フルツの主役への上昇は急速であった。

2014年に、彼は高校でバスケットボールをしていたが、そのわずか3年後、彼はほぼ確実にNBAの1位選手になるだろう。

フィラデルフィアでプロのキャリアをスタートさせれば、メリーランド州アッパー・マールボロの故郷からおよそ2時間30分のところに住むことになる。

 

6フィート4のガードは、ワシントン大学での唯一の大学シーズンで25試合で平均23.2得点、5.7リバウンド、5.9アシストを達成し、9勝22敗でシーズンを終えた。

フルツはPac-12のDivision Iのすべての選手の中で得点ランク6位だった。

 

過去10年の間に、大学では2人の他の一年生が多くの得点を上げた。

ケビン・デュラントは2006-07年にテキサス大で、マイケル・ビーズレーはカンザスステイトで2007-08年です。デュラントとビーズリーはともに2位だった。

 

フィラデルフィアは1973年にダグ・コリンズ、1996年にアレン・アイバーソン、そして1年前にシモンズを筆頭に、ドラフトで3回も全体一位指名を獲得した。

シモンズが怪我のために昨シーズンの全てを欠場したため、シクザーズは同じチームで2人の全体1位指名の新人選手を持つ最初のチームになる可能性がある。

 

シクザーズは、4年連続でトップ3を獲得している.2014年の第3位のエンビード、2015年のオカフォー、2016年のシモンズである。

シクザーズは過去3シーズンで19勝,18勝、そして昨季は10勝上積みし、28勝54敗だった。

昨季はオカフォーが50試合、エンビードが31試合、シモンズは出場がなく、怪我で欠場する選手が多かった。

エンビードとサリッチが候補となっているNBAの新人王の結果が6月26日に発表されると、シモンズは足の手術から回復して来シーズンに向けて準備が整うだろう。

 

来季のシクザーズはどんな強豪チームに生まれ変わるのか。