サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

セルツとシクザーズが1位指名権交換?

2017年のNBAドラフトまでいよいよ1週間を切ったが、大きなトレードが成立する可能性がある。

ESPNのマーク・スタイン(Mark Stein)とザック・ロウ(Zach Lowe)は、ボストンセルティックスが、ボストンの1位指名権を含むトレードパッケージについて、シクザーズと真剣に交渉を続けていると報じた。

woj砲で知られるAdrian Wojnarowskiも、シクザーズは1位指名権をボストンから獲得、

その代わりに、3位指名権と将来の1巡目指名権をボストンに譲渡するとリポートした。

また、フルツが土曜日にフィラデルフィアを訪れる可能性があるとの見通しもリポートしている。

セルツの地元ボストン・ヘラルド紙は、トレード交渉は進展したようだが、成立しておらず、トレードは月曜日まで遅れる可能性があると報じた。

 

金曜日、TNTのDavid Aldridgeは、SixersとFultzの間の会合が予定されていないとツイートした。

 

もしこのトレードが成功し、フルツが全体1位で指名されれば、かつてオクラホマシティサンダーがデュラント、ウエストブルック、ハーデン、イバカが同時期に勢揃いしたように、シクザーズのロースターには、才能溢れる若いエリート集団が誕生する。

エンビードが昨季に出場した31試合で、彼はルーキーとして、NBAの歴史の中でも素晴らしい活躍をした。

去年の全体1指名のベンシモンズは、コート上の視野の広さと運動能力の高さの組み合わせにより、スーパースターの可能性を秘めている。

フルツはこの2人とうまく合うだろう。

 

フルツは本物のフランチャイズプレイヤーの可能性を秘めているが、彼1人でチームを動かせない。

彼はシモンズとボールハンドリングの役割を分担することができ、エンビードとピックアンドロールを実行し、ペースを変えていくことができる。


フィラデルフィアは長年にわたり将来のポイントガードを探しており、シモンズをドラフトして獲得した後、シューティングはそのポイントガードの仕事の不可欠な部分となった。

もしシクザーズが3位指名にとどまって、Foxのような選手に手を差し伸べるならば、彼の一貫性のないジャンプショットはリスキーになるだろう。

もし彼らがトレードダウンしてMalik Monk、Frank Ntilikina、Dennis Smithを取っていたら、それはうまくいくだろうが、それほどの面倒はないだろう。

フルツは優れたシューティングゲームでなければならず、優秀なプレイヤーでなければならず、ボールを出し入れして両バックコートのポジションを守る能力は、コランジェロが持続可能な成功を収めることができるチームを構築しようとするときに理想的である。


セルティックスにとっても、このトレードは悪い話ではない。

カンザスのジャクソン(またはデュークのジェイソン・タタム)を取ることで、チームはより多くのサイズと多様性をウイングに与えるだろう。今日は誰もがそれを求めており、両方のポジションの間でシフトできる才能のある選手を獲得することは容易ではありません。ボストンがウォリアーズやキャバリアーズと伍して戦っていくには、トーマスの負担を軽減するためにも、フルツのようなタイプが必要である以上に、ジャエクラウダーとジェイレンブラウンをサポートするジョシュジャクソンタイプが必要かもしれない。