サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

キングスのドラフトを振り返る 2016〜2011

5位指名権と10位指名権のある今年のドラフトが待ち遠しくて仕方ありませんが、ここで過去のキングスのドラフト指名を振り返っておきますか。

 

◎2016年 マーキースクリス(8位)

指名後サンズにトレード。

地元サクラメントのエリクグローブ高校出身。本人も家族も喜んだでしょうが、すぐにトレードされちゃいましたね。サンズではそこそこ活躍してるようですが。

 

◎2015年 ウイリーコーリースタイン(6位)

今季、カズンズ移籍後に大活躍。まだ好不調の波はありますが、あのクイックネスとダンクは魅力的ですね。スカルとともにヤングキングスの中心となるでしょう。

 

◎2014年 ニックスタウカス(8位)

名門ミシガン大出身のシューター。次世代のクレイトンプソンか、とも言われてたそうですが、今ひとつでしたね。

話題になったyoutubeの映像がありましたよね。46秒間に15本連続で3ポイントを決めたという映像です。

カーマイケルデーブも言ってましたが、確かにあれだけ決めるのはすごいんですが、NBAで活躍できるかどうかは、フリーな状態ではなく、マークをつけた状態、つまり試合を想定した状態でいかに決められるかなんですよね。

すぐにトレードに出されちゃいましたけど。

 

◎2013年 ベンマクレモア(7位)

レイアレンの再来と言われていましたが、未だ開花せず。その片鱗は見せてもらってませんね。ガベージタイムでは活躍しますが、クラッチシュートを決めたことは見たことがありません。

あと問題なのはディフェンス。いつも狙われてますもんね。

このオフ、彼はどうなるんでしょうか??

個人的には環境を変えて他のチームでやってもいいと思いますけど。

 

◎2012年 トーマスロビンソン(5位)

トーマスロビンソン?

誰?そんな選手いたっけ?って感じですよね。

5位指名なのにもったいない。

ちなみにこの年は、6位にリラード、7位にハリソンバーンズ。

リラード取っとけよ、って言いたくなりますね。

今年も5位指名ですが、大切に使ってほしいですね。

 

◎2011年 ビスマックビヨンボ(7位)

指名後すぐにボブキャッツにトレード。

この年は、バックスが10位で指名したジマーフレデッテをもらう。

11位のクレイトンプソンでよかったんじゃね?と言いたくなりますが、当初ジマーも物凄く期待されてたんですよね。

でも結局鳴かず飛ばず

ブルズ、ペリカンズに行った後は、Dリーグに行ったり、中国リーグに行ったりと、表舞台から遠ざかる一方です。

 

ここまで見てみると、キングスのドラフトの歴史は情けなくなりますね。

 

しかし2010年と2009年は違います。

それについてはまた今度。