サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

キングスは若手をどう底上げするか

プレシーズン最初の試合のスタメンは、1980年代に生まれた4人のプレーヤーと70年代に生まれた1人のプレーヤーで構成された。

19歳のルーキー、FOXではなく、ジョージ・ヒル(31)、ギャレット・テンプル(31)、ヴィンス・カーター(40)、ザック・ランドルフ(36)、コスタクーフォス(28)。

今シーズンの最初で最後の試合になるかもしれない面子だが、スタートラインナップはかなり違って見えるだろう。

しかし、あなたは、コーチが望むものと若い選手のためにそれらの計画を実行する方法との間のギャップを橋渡しするために、それらのプレーヤーが理由の声であることを期待することができます。

キングスのベテランたちは、チームメイトがいかに熱心に、一週間以上一緒に学ばなければならないことに気づきました。

 

デーブイェーガーは、ベテランにとってプレシーズンの試合は非常に前向きだったと語った。若手に、試合のニュアンスを指摘したり、なぜファウルがコールされたのかなど説明したりしていたからだ。

イェーガーは、若い選手を圧倒することだけは避けたいと思っている。

「いったんお互いを知るようになると、境界がある」とイェーガーは言った。

「6人のアシスタントコーチが話しかけている。彼らの仲間は彼らと話している。お互いを学ぶとき、私たちは場所を選んで話すでしょう。」

スパーズ戦で、ベテランのスターターたちは、速いペースでプレーし、若手に引けを取らないプレーを見せた。彼らはボールをすばやく効率的に動かした。

「ギャレットとジョージがガードスポットで何をしているのか見ただけだ」と、スパーズとの試合で16得点を挙げたフォックスは語った。

「そして、私は試合に入って、私なりにゲームをプレイしようとしました」

第1クオーターの後にはベテランは誰も出場せず、ヒルは10分以内に5アシストを記録した。

その後、若手たちだけで得点を重ね始めた。

「ちょうど良い時間を過ごし、優秀な選手になる方法を理解し、正しいプレーをする方法を理解すればベテランがいるとき、それが起こるだろう」とギャレットテンプル。

イェーガーは、シーズン中にベテランに定期的に休みを与え、彼らがサイドラインから教えるのを助けるよう計画している。

「彼らは学ぶことに慣れている」とランドルフは語った。 「彼らはいい子だし、彼らは熱心に練習している」

キングスのプレシーズン初戦

サクラメントキングスは、ゴールデン1アリーナで、月曜日の夕方、初のプレシーズンゲームを戦い、106-100でスパーズを下した。

この試合から見えてきた5つのこととは。

 

1 - イェーガーはベテランに傾いている。

キングスのスターターは、George Hill、Garrett Temple、Vince Carter、Zach Randolph、Kosta Koufosの30代のベテランだった。

しかし、イェーガーは、ベテラン組をすぐに若手グループに切り替え、慣れさせるために、多くの出場時間を与えた。

 

2.2番目のユニットは長くプレーした。

ベテランでスタートした後、イェーガーはDe'Aaron Fox、Bogdan Bogdanovic、Buddy Hield、Skal Labissiere、Willie Cauley-Steinの2つ目のユニットに目を向けた。

若手たちは素晴らしいショーを上演した。彼らは多くのミスもを犯したが、彼らは熱心にプレーし、彼らは速くプレーしました。

 

3-フォックスはジャンパーを習得していないが、彼はとても速くて、問題ではない。

スピードスター・パティ・ミルズはルーキーの前にとどまることができず、フォックスは、彼の靴を使い果たした。

このルーキーは8本中7本のシュートを決め、17分間で16点を記録した。レギュラーシーズンが始まると、彼はコートから離れることは難しいだろう。

 

4-多くの選手とわずか48分のプレー。

イェーガーは、スタメン以外の選手を可能な限り早く出場させ、プレーさせたが、誰もがもっと時間を必要としているように感じた。

フランク・メイソン3世は22分で17ポイント、ラビシエールは15得点、4リバウンド、ヒールドは12得点を挙げたように、後半は若手を一緒に出場させた。

 

5-赤ん坊のステップ

ルーキー、ハリー・ジャイルズは毎日のトレーニングキャンプで競い合っているが、月曜日の夜、彼は、両膝のリハビリのため欠場と発表された。

キングスは大きな才能を秘めた19歳は、まだアクションを起こしていない。

カーターはなぜキングスと契約したのか

ビンス・カーターは19年間NBAでプレーしています。彼はポストシーズンを11度も経験、プレイオフでは通算で88試合プレーしている。

しかし、彼は決してNBAタイトルを獲得していない。

今季、40歳のカーターは、キングスを再建するために、800万ドルで1年契約を結んだ。

若い才能を豊富に持っているキングズは、今シーズンのタイトル候補に間違われることはありません。

ではなぜカーターはサクラメントに来ることにしたのですか?

「私にとっては絶好の機会である。この時点では、チャンスよりもずっとお金のことではなく、まだこのリーグでプレーしたいと思っていた。」と、カーターは月曜日にキングスメディアデーでNBCスポーツカリフォルニアのジムコジモールとジェームズハムに語った。

「私は、高いレベルでチームに貢献することができると思います。そして、おそらく、私が本当に着手するオプションかもしれません。私は貢献したいと思っているが、若い男たちがこのリーグの浮き沈みをうまく乗り切るのを手伝いたい。私もそんな経験をしたし」

 

カーターと仲間のグリズリーベテランのザック・ランドルフは、デアロン・フォックス、ジャスティン・ジャクソン、ハリー・ジャイルズ、フランク・メイソン3世、ボグダン・ボグダノビッチの5人の新人、そしてゲオルギオス・パパヤニス、バディ・ヒールド、 スカルラビシエリ、マラカイリチャードソンらとともにキングスのロースターに加わった。

カーターは、昨シーズンのグリズリーズでは、73試合で平均8.0ポイント、3.1リバウンド、1.8アシストを記録した。

キングスに必要なのは安定感

キングスは、ディバッツとの契約を2019-20まで延長し、イェーガーとの4年目契約も行使した。安定のための一歩を踏み出したといえる。

 

コーチングの変更やフロントオフィスの揺れなどの中で、キングスは近年不安定な状態に陥っています。

今度はディバッツが、キングスは勝者になるよう導くと信じています。

「私がここに来たとき、それはすべて安定性について話していた」とディバッツは語った。 「ここ数年、私たちは安定をもたらし、私たちはどこにいるのかを知っていると思います。今私たちはここ数年でどこになるのかを描いています。私たちは努力に、思い描いた場所に辿り着きたい。私たちは完璧な状況だと思う」

 

フランチャイズ史上最も人気の高い選手の一人であるディバッツが2015年にエグゼクティブに復帰したとき、彼は人気のあるマイケル・マローンの指揮を借りてフロントオフィスの不信感とオーナーシップを継承した選手を引き継いだ。

フロントオフィスは人員が不足しており、サポートスタッフは不足していました。名将ジョージ・カールもうまくいかなかった。

チームには、オールスター選手のカズンズがいてが、その才能を養う環境を提供することができず、彼の成長を助けなかった。

カールは2015-16シーズン後に解雇され、カズンズは2月にトレードされた。 ルディゲイもコリソンも今年の夏に去った。

残りのプレーヤーとコーチは、ディバッツの在籍期間中に持ち込まれています。フロントオフィスが強化され、リーグ周辺のキングスに対する評価もより良く変化しています。

 

ディバッツは、「イェーガーと彼のコーチングスタッフには感謝しています。彼らは信じられないほどの力を発揮し、私の仕事は自​​分がしなければならないことに集中するのを容易にします。私たちはこのプロセスのパートナーであり、旅は始まったばかりです。私は数年後になることを楽しみにしている」

キングスがカズンズをトレードしたとき、チームはプレーオフを諦め、完全な再建モードに入った。

昨シーズン、キングスは32勝50敗で終わった。イェーガーは、メンフィスでの3年間で、通算147勝99敗の成長を残し、毎回プレーオフに進出した。

イェーガーは現在、彼が未来に向けて働くことができ、ディバッツのサポートを受けていることを知っているという安心感を持っています。

 

これは、6月のドラフトで全体5位の選手であるガードDe'Aaron Foxを含む5人の新人選手を育てることを意味する。キングスにはNBA経験3年以下の10人の若手選手がいるので、激しい競争が予想されます。

イェーガーは4年後の契約が完了したとき、アデルマン(1998〜2006年)以来の最長の監督になるだろう。 ポールウエストファルは、3シーズン目の早い時期に解雇された。

イェーガーは、「われわれはどこになりたいかという明確なビジョンを持っている」と語った。 「そこにはビジョンがあり、我々が全力を尽くしている道があります。私たちは、すべての地域社会が、我々が行っていることを知っていると思います。5割以上の試合に勝つチャンスがあります。その時点でプレーオフで何が起こるかは決して分かりません」

 

今後のキングスに期待しよう。

ディバッツとイェーガーが契約を延長

2017-18 NBAシーズンに向けて、サクラメントキングズは、イェーガーHCの4年目のオプションを行使し、ゼネラルマネージャーのディバッツとの契約も延長し、基本的に2019-2020シーズンまで、今のフロント体制を維持することにした。

今日の発表はおそらく不可避でした。

ディバッツはKingsのゼネラルマネジャーとしての完全な在職期間を持っていませんが、彼は徐々にチームをいい方向に改善しており、長期的なスパンで、十分な努力をしている。

また、カズンズとのトレードを決定し、本質的にやり直すという昨シーズンの決定以来、このチームを築くチャンスがある。

 

ディバッツがイェーガーを連れてきたことはキングスにとって良かったといえるのではないか。リック・アデルマン以来最高のヘッドコーチになるかもしれない。

彼の4年目の選択肢を考えるのは簡単なことではなかった。

他に何もないなら、これはキングスに組織の安定性を前進させる。 GMとヘッドコーチの両方が契約を結び、このチームの運命を手にしている。

メディアデー開催!

サクラメントキングズは、月曜日に行われたNBAメディアデーイベントに参加しました。キングスの選手たちは、宣伝目的で写真とビデオのブースを出入りし、その間でメディアメンバーとチャットをしました。

ハリー・ジャイルズの健康から、ヴィンス・カーター、ザック・ランドルフジョージ・ヒルがメンターとして、若い選手をどのように指導するか、ボグダノビッチがどのようにNBAに適応していくかについて、さまざまな話題が議論されました。

大部分の選手は、NFLの国家斉唱での最近の抗議問題についても尋ねられました。キングス選手の中には反応する人もいたが、他の選手はそれを避けることを選びました。

全体として、選手たちは、チームとして抗議するかどうか、あるいはどのように抗議するかはまだ決まっていない。

以下は、メディアデーからの注目すべき項目です。

 

●ハリー・ジャイルズは、NBAサマーリーグでプレーしなかったが、その後体調は良く、彼は開幕に向けて準備が整っていて、プレーすることは可能だと語った。


ジョージ・ヒルがフォックスについてどう思うか:「私はいつも彼がドラフトのトッププレーヤーの一人だと思っていた。私は彼が大学にいたときでさえ、私は彼の態度が好きだ。

彼とともにプレーするのは楽しいだろう。ちょっとした忍耐は、彼が理解しなければならないものです。ここはもう大学ではない。NBAだ。より速く回復し、より速くプレーし、より強く、よりスマートにならないといけない」と語った。


ジャスティン・ジャクソンは、サマーリーグの後により練習しなければいけない必要があることを知った。

「ディフェンス面でも、攻撃面でも、NBAのゲームは大学のゲームとはかなり違っています。映像も見て、もっと多くのことを学んでいけば、このリーグでもっと役立つでしょう」


キングス・ファンについてジャクソンは:「ノースカロライナでは外出するのは難しかった。キングスのファンが好きです。少し微妙ですから、少し楽になります。ちょっと普通だよ...彼らはすごいよ。 "


●テンプル、国家斉唱の抗議について:

「ラナディーベオーナーが発表した声明は非常に誇りに思う。20年前にも、キングスでMahmoud Abdul Rauf がこういった経験したが、それ以来リーグとして変わってきていると思うし、確かに成長していると思う。その点でNFLと少し違うと思うが、NFLもリーグとして、もっと進歩的になることを期待している」と語った。


●デーブイェーガーはジャスティン・ジャクソンに高い評価を与えてくれました。

ジャスティンは本当に堅実な選手です。若い才能のあるグループでも、才能のある若いグループでも、彼は誰でも一緒にプレーすることができます。私は彼をコーチすることにワクワクしています。」

イェーガーは、ジャクソンをローテーションプレーヤーと見なすかどうか尋ねられたとき、「ローテーションプレイヤーとしてすぐにフィットすると思う」と語った。

 

●イェーガーは2番と3番の選手全員をうまく混ぜあわせてプレーさせて、ビンスカーターをパワーフォワードでプレーする可能性を秘めている。


●ザック・ランドルフは1週間ほど前にサクラメントに入り、若い選手たちと一緒に練習に取り組んでいます。ランドルフは、今年の夏のマリファナの所持容疑についてコメントした。

「私は間違って逮捕され、そこに出された事柄は真実ではないと感じたが、私のチームにとっては気を散らしたくない。私たちは前進してバスケットボールに集中するつもりだ」

● Foxのロッカーは、Garrett Temple'sとZach Randolph'sの隣にあります。
フォックスはサマーリーグでのプレーは気持ちがよかったと話した。彼の足首を調整した後、彼はコーチの要求でプレーしなかった。彼は今でも良い気分だと言いましたが、何の問題もありませんでした。
フォックスはサクラメントに約6週間滞在していて、彼は多様性が好きであるとコメントしています。「私はここまで暮らして、サクラメントが好きになった...私がここに来る前に、私はそれが非常に多様であることを知らなかった。

 

●土曜日の夜、ボグダノビッチは、サクラメントに入りました。彼はNBAへの適応について語った:

"それはゲームの速さ。バスケットボールは、それをヨーロッパと比較するとき、異なったルールであるが、バスケットボールであることに違いない。
キングスのファンについては?:「私は本当に彼らが私のことをよく知っていることに驚いています。彼らがどのようにフォローしているのか本当に驚いています。彼らはNBAリーグで最高のファンのひとりです。ここにいるとキングスの一員になって本当にうれしいです」

 

ジャクソンはスモールフォワードか?

フォックスにはワクワクしている。

ハリー・ジャイルズにも良い面がある。

ボグダノビッチはユーロバスケで大活躍した。

しかし、サクラメントキングスで最高のルーキーがジャスティンジャクソンになるという可能性がある。

 

ノースカロライナ出身の大人しいフォワードは、あまり多くは期待されずにシーズンを迎え、最高の新人にはならないかもしれないが、ジャクソンのように、成功のためにお膳立てされた人は誰もいない。

 

サマーリーグでデビューしたジャクソンは、3点シュートだけでなく、ミッドレンジのゲーム、フローター、リムでの動きを見せることができた。

キングズは攻撃面において、ジャクソンが積極的に必要となる。彼は有能なスコアラーである。これは残りのキングスのロースターを完璧に補完し、ジャクソンを長く、生産的なNBAのキャリアに導くことができる。

 

ジャクソンはボールを持たなくても、攻撃面でいかに貢献できるか理解している。

試合での、ジャクソンのディフェンスには疑問符がつく。

イェーガーはディフェンスを重視しているが、それにふさわしくない人には、プレイタイムが数分も与えられない。

ジャクソンのディフェンスは、彼がコートにい続けるために十分なものか?

ジャクソンの身長6'11 、ウイングスパンは6'8"であるので、NBAフォワードとしては十分な大きさである。しかし、彼はエリート選手ではない。

彼はより賢くなる必要があり、彼はチームのディフェンスに適合する必要がある。これは、長年ベテランが苦労していることを我々が見てきたことです。だから、新人を求めている。

 

結局、ディフェンスは重要ではないかもしれない。キングスはスモールフォワードに関して完璧な解決策を持っていない。

ギャレット・テンプル、マラカイ・リチャードソン、ボグダン・ボグダノビッチといった3人を組み合わせて、プレーさせることになるだろうが、理想的なサイズではないし、ディフェンス的な問題もあるだろう。

ヴィンス・カーターもスモールフォワードをこなせるが、特定の夜に気分が良くならない限り、今シーズンは大きな仕事量を見込む可能性は低い。

 

ジャクソンは、スモールフォワードのスタメンを掴めるかもしれない。つまり彼次第です。