サクラメンタリスト

長年NBAのサクラメントキングスのファンを続けてきた筆者が、キングスへの思いを徒然なるままに綴り、地元紙や現地ブログの記事を意訳します。

エイブリーブラッドリーのディフェンスチーム選考漏れ

ボストン・セルティックスのガード・エイブリー・ブラッドリーは、月曜日に発表されたNBAのオールディフェンシブチームに選ばれなかった。彼を支持する多くの選手はこの選考に納得していない。

ポートランド・トレイル・ブレイザーズのガード、ダミアン・リラードとCJマッコラムはエイブリーが選ばれないことについて、Twitterで疑問を呈していた。

 

オールディフェンス1stチームは、

ゴールデンステート・ウォリアーズ、ドレイモント・グリーン、

ユタ・ジャズセンター、ルディ・ゴバート、

サンアントニオ・スパーズ、カウィ・レナード、

ロサンゼルス・クリッパーズクリス・ポール

ヒューストン・ロケッツ・ガード・パトリック・ビバリーからなる。

 

ブラッドリーは、46ポイントも票を集めたが、同じポジションのメンフィス・グリズリーズのトニー・アレン、サンアントニオ・スパーズのダニー・グリーンの後塵を拝した。

ニューオリンズペリカンセンターのアンソニーデイビスオクラホマシティのサンダー・フォワードのアンドレ・ロバソンがセカンドチームに選ばれた。

 

ブッカーやマイルズターナー、ギャレットテンプルなど多くの選手が、ブラッドリーのディフェンスチーム選考漏れについて失望していた。

 

ジョンウォールは投票結果全体を笑った。


実は、統計上ではブラッドリーの守備は良くない。

ブラッドリーが守っているとき、対戦相手は、彼がいない時より、平均で2.1%良いショットをしている。

ボストンの守備の失点は、ブラッドリーがコートにいるとき(107.5)より、いないときの方が良い(103.8)。

彼は55試合出場したが、欠場も多かった。

 

ただ、ブラッドリーは、アイザイアトーマスの負担軽減のため、対戦相手のバックコートのベストプレーヤーをマークすることが多かった。レベルの高い相手を毎晩マークしなければいけなかったのである。

 

数字上は良くなくても、ブラッドリーはリーグ内の多くの選手からその守備力を評価されている。

 

 

ジャイルズの物語はこれから始まる

本来なら、ハリー・ジャイルズはドラフトで最初に指名されてステージに上がり、NBAコミッショナーのアダム・シルバーから、新しく入団するチームの帽子をかけられる選手の1人とされていました。

 

ドラフトの日、1巡目選手が指名されている間、ジャイルズがいた部屋にはぎこちない沈黙が続いていました。

彼はドラフト会場であるバークレイズセンターに入ろうとする機会を拒否し、ドラフトで指名されないことを心配していました。

 

しかし、ドラフト当日、キングスが10位指名権と引き換えに、ノースカロライナフォワードジャスティンジャクソンとジャイルズを、それぞれ15位と20位で選びました。

それはジャイルズにとって理想的な状況となりました。

キングスに入るジャイルズを、数年前のように、フランチャイズの救世主であるかの如く、輝く鎧の騎士として期待している人はほとんどいません。

しかもキングスは勝つことは期待されていないので、プレッシャーもかかりません。

デューク大のアシスタントコーチのジョーン・シェイアが見ているように、ジャイルズがインパクトを残すには、どのポジションにいても、スタートとしては十分です。

 

「このドラフトで、ハリーよりも勝った人は誰もいない」とシェイアーは言いました。

「誰もね」

 

かつて、ジャイルズは、同年代ではトップ中のトップクラスの選手と言われ、スカウトの中には、高校生では、レブロン・ジェームズ以来の最高の逸材と評価する人もいました。

 

しかし、その後は怪我の連続でした。

 

ジャイルズは、2013年に米国代表としてプレーしている間、左ひざの靭帯と軟骨を痛めました。

2015年に、彼は高校の試合中に右膝の靭帯を断裂しました。昨年10月、彼は左膝関節鏡検査を受けました。

大学に入って1分もプレーしていない若造が、2013年から3回の膝手術を行いました。

彼は怪我から復帰しましたが、外科手術の影響からか、デューク大で唯一のシーズンとなった昨季は、平均出場時間11.5分で、平均3.9ポイントと3.8リバウンドにとどまりました。

スカウトは怪我のリスクを恐れ、「テイタムやフルツにリスクはないが、ジャイルズは、リスクを冒してまで獲る価値はない」とスカウトの間で言われていました。

 

一部のゼネラルマネージャーは、ジャイルズがドラフトで最も期待される選手と感じてはいましたが、一巡目指名を回避しました。

 

幾人かの選手、例えばMichael Reddは前十字靭帯からまだ回復していませんが、ウォーリアーズのショーンリビングストンは、前十字靭帯のひどい怪我から復活して、素晴らしいリバウンダーとしてチームに貢献しています。

ジャバリパーカーは2回目の前十字靭帯の怪我のリハビリ中で、ダンテエクサムは、オーストラリア代表としてプレー中に前十字靭帯を断裂しました。

 

しかし、怪我のため、高校の最終学年と大学に入ってからあまりプレーできなかったことが、逆にジャイルズにとっては、成長のためには貴重な時間となりました。

 

「今まで人生で起こったことは書き直すことはできない」とジャイルズはサクラメント・ビー紙のジェイソン・ジョーンズ記者に語りました。

「私にとっては、過去に起きたことを受け入れ、それを前進させ、それを今後のモチベーションとして使うことだけです」

 

熟練したNBAのスカウトに、まだ彼の才能は認識されていません。

それでいいんです。

ジャイルズは、6'11 "、222ポンドという、

ケビン・ガーネットと比較されるくらいのワールドクラスの運動能力を兼ね備えているんです。

 

ジャイルズが高校卒業したとき、ESPNは彼をトップランクに期待していました。

「ジャイルズはチャートから外れています。彼の才能を持ってすれば、高校の最終学年には、トップ級かそれに近いところにいるはずでした。

ジャイルズは怪我がなければ、その順番も変えていたはずの選手です。」

 

ジャイルズのように、かつて評価が高かったものの、その後評価を下げた選手を、キングスは2年続けてドラフトで指名する賭けに出ました。

去年のスカルラビシエリがそうです。

ドラフト前年には全体の1位指名の候補になりながらも、結局はサンズに28位で指名されキングスに来ました。

 

ジャイルズにとって、怪我をする前に受けていた期待に応える道はまだ十分残っています。

すべては信じることから始まります。

自分の足を信じ、能力を信じ、自分が再びできることを信じる。

 

「彼は全国で最も才能のある選手の一人だ」とデューク大学のACシェイアー氏は言いました。「彼は能力がある。彼はキャパもある、すべてのモビリティとすべての賢さを持っている。

ハリー・ジャイルズのようなバスケットボールをやり直す必要がある」と語りました。

 

ジャイルズには、バスケットボール界で多くの支援者がいます。

デューク監督のマイク・クレーゼフスキー氏は、ジャイルズがドラフト宣言した時、「指導するのが楽しかった。彼はこれから良い結果を得るためにコート上でやるべきことがまだまだある」と声明を発表しました。

 

クリスポールも、自分の家族のことのように喜び、泣きそうになったといいます。

 

Scheyerはジャイルズが次のレベルに上がるには、彼の態度は、成功の助けになるだろうと、述べています。

 

ハリー・ジャイルズ は、今年の NBAドラフトで1位指名されてステージで脚光を浴びて歩くはずの選手でした。しかし、彼にとってドラフトの夜は新しい章の始まりです。

彼はまだその終わりを書く必要があります。

 

イェーガーには時間が必要だ

今季のキングスのロースターは、イェーガーが今まで率いていた彼のNBAチームとは異なります。

それは若いということ。とにかく若いチームなんです。

イェーガーは今まで主にベテランを指導していましたが、マイナーリーグのバスケットボールのコーチとしての経験もあり、若々しいチームを作るノウハウも知っています。

 

イェーガーの昨季の仕事ぶりは、キングスが将来どのような方向に進んでいくのか、その方向性を確立するという目的で彼のスタイルを変えたときに、リーグ関係者やキングスのベテランから評価されました。

 

先週NBAのドラフトは、ポイントガードDe'Aaron FoxとFrank Mason III、Justin JacksonとHarry Gilesを指名して、その未来への一歩を踏み出しました。

もしユーロリーグのスターシューティングガードBogdan Bogdanovicが多くの期待に応えて加入してくれれば、彼は5番目のルーキーとなるでしょう。

 

シューティングガードBuddy HieldとMalachi Richardson、そして大物のSkal LabissiereとGeorgios Papagiannisは、多くのことを学びながら2年目のシーズンに入ります。

 

イェーガーは土曜日、ルーキーの入団記者会見で「それは違う状況だ」と語りました。

「私たちには、ルーキーの4人、おそらく5人目(ボグダノビッチ)もいる。私たちは物事がどう進んでいくか見守っていく。私たちには2年目の選手がいますが、彼らのうちいくつかはまだ若い。だから、どうやって3〜4年後に特別なものにすることができますか?」

イェーガーは、フロントからの忍耐と理解を必要とします。キングスでは、イェーガーの前にヘッドコーチを務めた3人は、シーズン途中で解任されたりして、非現実的な期待に対処できませんでした。

 

イェーガーが若手チームを監督できるという証拠として、キングスGMのディバッツは「それは日々の積み重ね。彼は昨年と今年も、素晴らしいコーチ陣ととも、お互いにサポートしあいながらいいチームを作りあげてきている。」

 

強いチームは一朝一夕には出来上がりません。何よりも時間が必要です。

「ルーキー選手はたくさんの指導を受けることになりますが、それを自分でうまく取捨選択しないといけない。注目も期待も集める分プレッシャーもある。競い合いながら、負けると悔しいし、勝つと嬉しい。何より勝つことが、成長できる良い方法です。

昨季は、我々は勝つことを試みた。私はそれが私たちのチームが過去30試合でより良くなった理由だと思います。」

 

「イェーガーは来たるべき新シーズンのためにすでに彼のゲームプランを思い描いている」とディバッツは言いました。

フォックスがドラフト前にキングスを訪ねた際、イェーガーはフォックスとともに、映像を見ながらプレーを分析しました。

フォックスは、「彼はコートを縦横無尽に動き回り、3ポイントもどんどん打ちたい。ディフェンスも頑張って、他のチームを止めたい」と語りました。「チームには本当にフィットするような気がする」とフォックスはキングスでのプレーを心待ちにしています。

同じくルーキーPGのメイソンも、イェーガーが実力を引き出してくれるのを楽しみにしています。

(jason jones氏のサクビー記事を意訳)

 

 

 

キングスのサマーリーグメンバー

キングスのサマーリーグ参加メンバーが発表されましたね。

jack cooley PF

deAaron Fox PG

harry giles C

dominique hawkins G

buddy hield G

justin jackson SF

skal labissiere C

naz mitrou-long PG

frank mason PG

papagianis C

malachi richardson SF

 

ドラフト指名の4人や、2年目を迎えるスカル、マラカイ、ヒールド、パパヤニスなど。

イェーガーは、2年目の4人には頑張ってもらわないと、とハッパかけてるようですから、このサマーリーグで成長してほしいですね。

 

 そんなメンバーの中に聞きなれない名前もいくつかあります。

ケンタッキー大3年のドミニクホーキンスもその1人です。

 

ホーキンスは、昨季のケンタッキーのシックスマンとして、平均4.7得点、1.7アシスト、1.6リバウンドを記録しました。

スイート16のUCLA戦やエリート8のノースカロライナ州立戦で、二桁得点をマークしました。

 

ホーキンスは、6フィート、190ポンドで、昨年10月のテストで、ケンタッキーの選手の中で最高のアスリートであることが証明されました。彼の最大垂直ジャンプは44.5インチのマークに達し、彼は185ポンドのベンチプレスも持ち上げました。


これらの身体能力の高さは、NFLチームからの興味を惹きつけ、ホーキンスが去年レイカーズの施設でワークワウトをしたとき、シカゴベアーズが関心を示したほど。

彼の元高校のコーチ、バート・ブラウンは、ホーキンスはNFLでセーフティとしてプレーできると主張しました。

 

彼の身体能力の高さは一見の価値ありですね。キングスには、FOXやスカルといったケンタッキー大の仲間がいますし。

そのサマーリーグですが、イェーガーは指揮を執らないそうです。

 

ラズベガスで行われるサマーリーグ

キングスの試合日程は、

7/7 対サンズ

7/9 対グリズリーズ

7/10 対レイカーズ

です。

 

その3試合の結果によって、シードなど今後の試合日程が変わってきます。

サマーリーグは、7/17まで行われます。

多くの試合経験を積んでほしいですね。

 

カズンズはポイントセンター⁈

カズンズは、キングスにいたときのように、シーズンが終わってからフィジカル強化に励んでいます。

 

彼のヘッドコーチ、ジェントリーはオールスター3回出場のカズンズのことをポイントガードならぬ「ポイントセンター」と呼んでいます。

 

ニューオリンズペリカンズのアルヴィン・ジェントリー監督は、地元テレビ局のWDSUのインタビューで、アンソニーデイビスとの連携強化のために、体重減少と新しい戦略を挙げて次のシーズンに向かう見通しに興奮していたようです。

 

「鍛えられたカズンズの体を見たとき、素晴らしく見えました。カズンズは私たちを昼食のために家に招待しました。彼は個人的にシェフを雇い、食事にも気を使って、健康的な食事をしている。」とジェントリーはインタビューで話しました。

 

2月にトレードでペリカンズに入ったカズンズは、17試合に出場。1試合平均24.4得点、12.4リバウンドを記録しました。

 

地元テレビ局のインタビュアーが、カズンズのことを「ポイントセンター」として紹介し、ナゲッツのヨキッチと比較すると、ジェントリーも同意しました。

ジェントリーは、地元のテレビ局のインタビュアーにこう語りました。

「カズンズはパスも出せるし、3ポイントも非常にうまい。3ポイントの成功率は.375。それはペリカンズで出場した17試合の少ないサンプルですが、キャリア全体の成功率.330をはるかに上回ります。」

 

ペリカンズの首脳陣は、新しいシーズンに向け、カズンズの役割がチームにフィットすることを期待しています。

 

キングスのドラフトは成功だったのか?

キングスは過去のドラフトで数々の過ちを繰り返してきた。

 

クインシー・ドゥービーからジマー・フレデット、トーマス・ロビンソンまで、彼らは最近のドラフトでもミスを犯し、笑いのネタにされてきた。

 

しかし、今回のドラフトは、キングスにとって大きなターニングポイントになるかもしれない。

 

キングズはケンタッキー大のPGのFOXを5位で、15位でノースカロライナのSFのジャスティンジャクソン、20位でデューク大のPFハリージャイルズ、2巡目でカンザス大のポイントガード、フランクメイソンを指名した。

 

地元の新聞紙サクラメントビーのAilene Voisin記者はFoxを指名できたのが大きいと言う。

ポイントガード中心の時代、彼は類い稀な才能を持ち、キングスの大規模な再建のためには彼の力は不可欠」。

 

毎年キングスのドラフトを批判してきた全国メディアの多くは、今回のドラフトでキングスを「勝者」と評した。いくつかご紹介する。

 

リンガーのケビン・オコーナー

「リスクはすべてのドラフト選手につきものだし、選手はどれも完璧ではない。

しかし、ここ数年の間にキングスが指名した選手は噴飯もの。そういうチームが信頼を得られるのは難しい」

 

CBSスポーツ 'Matt Moore

"彼らにとってフォックスの獲得は、チームが一番必要としている課題に合う選手。

彼らはザック・コリンズをブレイザーズと、2つの指名権と交換し、ジャスティン・ジャクソンとハリー・ジャイルズを指名した。

これは安全なフォワード選手の獲得と怪我のリスクはあるが、潜在的な素質のある選手獲得という賭けです。

その後、2巡目でフランク・メイソンを追加指名した。適材適所の指名ができた」

 

スポーツニュース 'Sean Deveney

"はい、キングスは勝ち組!

彼らは昨シーズンのドラフトや、2月のカズンズのトレードなど、広く嘲笑された。しかし、彼らは今回の1巡目指名で素晴らしい動きを見せた。

スピードスターののポイントガードDe'Aaron Fox、ケガから復活のHarry Giles

ソリッドなフォワードのJustin Jackson、

Portlandからこれらの2人を10位と引き換えた。

 

Yahoo Sportsのヘンリー・ブッシュネル

"キングスは昨夜のドラフトはよかったね。

De'Aaron Foxが5位に入っているとのこと。

彼らはポートランドから15位と20位を得て、ジャスティン・ジャクソンとハリー・ジャイルズを取った。ジャクソンは比較的魅力的ではありませんが、1年前にトップを務めたジャイルズは、膝をケガする前の才能を再発見することができます。

まだ20歳だし、リスクはあるが、潜在的な能力が、大きく花開いて、大きな報酬の価値をもたらすかも」

 

スポーツイラストレイテッドのベンゴリバー

サクラメントは何年もプレーオフから遠ざかっているが、ドラフトの結果、魅力的で楽しい方法でもっと才能が増しました。間違いなく、ラスベガスのサマーリーグが楽しみだ」

 

ワシントンポストのティムボントemps

「ケンタッキーのポイントガードDe'Aaron Foxを5番ピックでキングスが獲得しただけでなく、10番ピックからいくつかのスポットを奪い、15位でノースカロライナの好シューター、ジャスティン・ジャクソンを獲得した。

そして20位で、膝の負傷から回復するのが遅く、本来ならドラフトトップピックになっておかしくなかったハリー・ジャイルズを獲得。

それは、ここ数シーズンにキングスが成し得なかった、賢明で堅実なドラフトであった」

 

NESNのニコラス・ゴス

「キングスは過去5年間で最悪のチームの1つでしたが、現在は才能豊かな若手選手が集まり、前進しています。フォックスと2016年の第6号バディ・ヒールは、リーグで最もエキサイティングな若いバックコートの1つを形作ることができます。」

 

FOXスポーツアンドリュー・リンチ

「キングスは、将来のPGフォックスを取り、特にジャイルズは3度の膝の手術を乗り越えて、健康を保てれば、潜在能力も高く、楽しみな存在だ。

ディバッツとキングスのフロントを批判してきたが、この評価をもって我々の正式な謝罪とみなして下さい」

 

Yahoo SportsのJordan Schultz

グレード:A +

「キングスは、希望通りデアロン・フォックスを5位で獲得できた。キングスは、FOXにゾッコンだった。ディフェンス力もあるし、スピードもあり、攻撃力も高い。

7フィートのウィリー・コーリー・スタインとスカルラビシエリもケンタッキー大の先輩で、彼らと共にプレーするのが楽しみです」

 

スポーツイラストレイテッドのアンドリューシャープ

グレード:A +

「フォックスは素晴らしい選手。

その後、彼らは10番ピックを15と20に変えた。ジャスティン・ジャクソンは彼らにとって優れたロールプレイヤーでなければならず、ジャイルズは20歳で、懸命な賭けをした。

私はあまりにも興奮したくないし、私はここで何を信用するか分からないが...キングスは素晴らしいドラフトだったのではないか」

 

各メディアのコラムニストや記者の評価も上々のようですね。

 

テンプルが選手会の副代表に就任

NBAの選手協会は、年に一度の夏の代表者総会を開き、キングスのベテランガード、ギャレットテンプルが、副代表の1人に選ばれました。任期は3年です。

この選手協会は、代表がクリス・ポールレブロンジェームスが第1副代表、書記がジェームズ・ジョーンズ、そして、カーメロ・アンソニー、ステフィン・カリー、パウ・ガソル、アンドレ・イグドラ、アンソニー・トレバーが副代表で、テンプルは副大統領の1人として加わります。

 

ギャレットテンプルはここで、選手のネットワークの構築、リーダーシップのアドバイスなどの役割を担います。

 

テンプルが選手会の副代表に相応しいかどうかは説明不要です。

もともと彼はキングスの中でも人望が厚く、コートの内外で重要な役割を果たしています。

 

頑張ってね、テンプルさん。